【箱根町】美しい杉並木と芦ノ湖を一望できる平和の鳥居「箱根神社」

国内旅行

桜が満開になったかと思いきや、日曜の関東地方は雪予報…( ゚Д゚)
雪と桜を同時に見られるのはある意味貴重だけど、気温差で体調を崩さないように気を付けないと!
新型コロナウイルスの影響が日に日に大きくなってきている今、風邪やケガで病院に行くのはかなりリスクが高いですからね。。

ichikoです。

青春18きっぷで小旅行!小田原&箱根編(2020年3月)その②

3月上旬に「青春18きっぷ」「箱根旧街道・1号線きっぷ」を使って小田原&箱根を巡った旅行記の続きです。

小田原駅前の「守谷製パン店」で美味しいあんぱんを購入した後、登山バスで芦ノ湖を目指します。

バスの中に数人しか乗客がいなかったので、「守谷製パン店」のあんぱんを頬張りながら観光マップをのんびり眺め、1日の計画を立てました。

旧街道を中心に、箱根を1日で巡るスケジュール

  • 箱根神社を散策
  • 芦ノ湖で富士山を見る
  • 箱根関所を散策
  • 甘酒茶屋で小休憩
  • 旧街道の蕎麦屋でランチ
  • 宮ノ下のレトロな街並みを散策
  • 塔ノ沢一の湯で温泉に入る
  • 箱根湯本の温泉街をぶらりと歩く

9:00に小田原駅を出発して、17:00頃に再び小田原駅へ戻る計画です。
けっこう盛沢山だけど、全部巡れるかな?!

そうこうしている間に、バスは箱根湯本駅に到着しました☆

箱根湯本駅~強羅駅間の箱根登山ケーブルカーは長期運休中(2020年3月時点)

台風19号の影響で、箱根湯本駅~強羅駅間の箱根登山ケーブルカーは長期運休中。その代わりに、現在は箱根登山バスへの振替輸送と代行バスが運行されています。

この日は、平日の午前&新型コロナウイルスの影響で普段よりも観光客が少なめという条件にもかかわらず、箱根湯本駅のバス停で乗客が一気に増え、バスの中はあっという間に満員状態に!
あんぱんなんて食べられる雰囲気じゃなくなってしまったので、小田原駅を出発した直後に食べておいて良かった(^^;)

ちなみに、箱根湯本駅から芦ノ湖方面へ向かう交通手段は、箱根登山バスor伊豆箱根バスがありますが、箱根湯本駅のバス停は小田急電鉄で箱根湯本駅まで来た人たちで大変混雑するので、可能であれば小田原駅からバスに乗ることをオススメします(‘ω’)

杉並木と湖上の鳥居が美しい「箱根神社」

小田原駅を出発して約50分で、「箱根神社入口」に到着☆
この区間のバス代だけで1,200円もするので、「箱根旧街道・1号線きっぷ」を買っておいて正解でした☆

初春の爽やかな朝陽を浴びながら、芦ノ湖沿いを歩くこと約10分。
箱根神社に到着しました♪

杉並木に囲まれた石段を進みます。
マイナスイオンが半端ない!

10:00と少し早めの時間帯ということもあってか、参道にはほとんど人がいません。
神聖な雰囲気の参道をほぼ独り占めできて、とっても贅沢な気分に浸れました。

御本殿も、普段では考えられないくらい参拝者が少なかったので、静寂に包まれた境内で、時間を気にせずお祈りすることができました。

九頭龍神社新宮前にある、龍神水
九つの龍の口から吐き出された水は、箱根山を源とし、芦ノ湖を満たしているものと同じ水です。
家の神棚に供えて用いれば、家内清浄・縁起の養生と言われています。

九頭龍神社新宮
芦ノ湖のほとりにある本宮は箱根神社から離れたところにあるため、より多くの人が参拝できるように、箱根神社側に創建されたそうです。

「四から五列でお参り下さい」と注意書きがあるので、普段は相当大勢の参拝者で賑わう場所だと思われますが、この日は参拝者がほとんどいなかったので、じっくりと時間をかけて参拝できました。

続いて、芦ノ湖のほとりにある湖上の鳥居「平和の鳥居」へ。
こちらの鳥居は、昭和27年に日本の独立(講和条約締結)と当時の皇太子様の立太子礼を記念して建立されたそうです。
芦ノ湖側から見ると、吉田茂元首相の真筆で書かれた「平和」の文字が掲げられているそうですが、残念ながら湖畔側からは見ることができませんでした(^^;)

ちなみに、「平和」の文字は、芦ノ湖遊覧船や箱根観光船、スワンボート等に乗船すれば見られるそうです☆

参拝者がほとんどいない境内で、約1時間かけて箱根神社を参拝しました。
普段は大勢の人で賑わう名所を、人が少ない時期に訪れることができるのは、この上ない贅沢ですね!
神聖な雰囲気に、心身ともに満たされました☆

箱根神社から芦ノ湖沿いをてくてく歩いて、箱根町港に到着☆
元箱根港から箱根関所方面へ少し歩くと、芦ノ湖から富士山を望める絶景スポットがあるというので、期待に胸が高まります♪

続く☆

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました