【和歌山市】創作おにぎりとハンドドリップコーヒーが嬉しい「国民休暇村 紀州加太」の朝食

和歌山

台風被害を受けられた皆さまに心からお見舞い申し上げます。
我が家は幸い台風による直接的な被害は無かったものの、少し離れたところに流れている利根川の水位が一時氾濫危険水位に達し、市内では台風が去った後もしばらく緊張状態が続いていました。。
被災地の1日も早い復興を願うばかりです。

関西旅行記(2019年9月)その4

旅の1日目は、紀淡海峡の絶景を望みながら、露天風呂に入ったり夕食を食べたりと、至福の時を過ごしました。

2日目は、爽やかに早朝散歩からスタートです♪

朝食前の運動にぴったりのウォーキングコース

前日、早々に床に就いたので、翌朝は6時に起きて早朝散歩へ出かけました(‘ω’)

前日は展望台までの往復30分コースを歩きましたが、この日はもう少し足を伸ばして、砲台跡~展望台をぐるりとまわるコースを歩くことに。
朝食が7:00からなので、約1時間の早朝散歩です♪

最初は、こんな感じの道をひたすら歩きます。鬱蒼とした獣道なので、1人で歩くのはちょっと怖い感じ(^^;)
蚊に刺されたり、蜘蛛の巣に引っかかったりと、なかなかワイルドな道なので、虫が苦手な方は要注意です!

獣道を下ったり上ったりして、ようやく展望台の近くまで到着!

朝から沢山の漁船が出ていました。やっぱり海の町って癒されるなぁ。

このあたりは、古くから瀬戸内海に入る交通上の要地で、軍事的な意味で大阪湾の守りの地だったそう。
大阪湾に侵入する軍艦を迎え撃つために合計17か所に砲台が置かれていたそうで、この散歩コースにも砲台跡が残っていました。

時の雰囲気を垣間見ることができて興味深かったですが、薄暗くて不気味な雰囲気だったので、さっと見ただけで足早に通り過ぎました(*_*;

瀬戸内海って、四国と本州の間の海のことだと思っていたけど、和歌山にも瀬戸内海があるんですね。
瀬戸内海の「瀬戸」という言葉は、「狭門(せと)」が変化したものと言われていて、陸地と陸地の間に海が挟まれた海峡という意味だそうです。
面白い!

「国民休暇村 紀州加太」がこんなに遠くに!
ぐるりとまわって1時間ほどの散歩コースでしたが、ずいぶん遠くまで歩いてきた感じがします。

「国民休暇村 紀州加太」の朝食

1時間歩いて、お腹もぺこぺこに!
楽しみにしていた朝食の時間です♪

朝食会場も、前日の夕食時と同じレストラン。
部屋番号を伝えると係の方がテーブルに案内して下さりました。

海が望める素敵なテーブル!爽やかな気分で朝食をいただきました(*^^*)

朝食は、各テーブルにセットされているものに加え、ビュッフェが用意されています。

セットメニューはこんな感じ。
特筆して美味しいと感じたものは無かったけど、小鉢に綺麗に盛り付けられたおかずを少しずついただくのは楽しいですね♪

イカそうめん。朝からお刺身を食べられるのは嬉しい!

ビュッフェコーナーのサラダとドレッシング。

フルーツ、ヨーグルト、グラノーラ。
旅館の朝食にありそうなメニューは一通りそろっていました☆

さすが和歌山。ビュッフェコーナーに立派な梅干しが用意されていました。
大きなハチミツ梅干し、とっても美味しかったです♪

サラダにだし巻き卵に冷ややっこと、朝からモリモリいただきます!

握りたての創作おにぎりが食べられる おにぎり屋「掌」

「国民休暇村 紀州加太」の朝食で一番印象に残っているのは、おにぎりサービスのコーナー。
何十種類もある創作おにぎりの中から、好きなものをその場で握ってもらえます

1回につき3個までと決まっているので、列に並んでいる間に組み合わせを考えました♪

家族4人、それぞれで全然違う組み合わせをオーダーしていて、面白かったです(笑)
こちらは夫のおにぎり。

父のおにぎり。牛丼風おにぎりが美味しかったようです。

左が私、右が夫のおにぎり。
一番右の「ほぼ鮭親子」はイクラが乗っていて得した気分でした♪

1回につき3個までですが、何回でもオーダーできるので、夫は合計6個も平らげていました(^^;)

夫

朝からお腹がぱんぱんや~!

朝も絶景インフィニティ露天風呂を楽しめる!

朝食後、最後にもう一度インフィニティ露天風呂に入りました。
この日は快晴だったので、紀淡海峡から遠く淡路島まで見渡すことができました。

日射しもなく、入浴者も少なかったので、思う存分絶景を楽しめて良かった(*^^*)

チェックイン後は、ロビー前のテラスで家族で記念撮影しました。

1泊でしたが、紀淡海峡の絶景を眺めながら温泉に入ったり、美味しいご飯を食べたり、親子で話に花を咲かせたりと、幸せなひと時を過ごせました。
両親も喜んでくれて良かった!

和歌山に宿泊するのは今回が初めてでしたが、海あり山ありでめちゃくちゃ魅力的なところだなぁ…と感じました(*^^*)

次は、南紀白浜にも行ってみたいなぁ♪

全国に37か所ある国民休暇村

国民休暇村は、日本を代表する国立公園・国定公園にあるリゾートホテルで、北は北海道から南は鹿児島まで、全国37か所にそれぞれの地方の特性を活かした宿があります。
キッズコーナーやバリアフリー施設が充実しているので、親・子・孫の3世代が楽しめる宿だと思います☆

「休暇村」という昭和な名称に舐めてかかってたけど、想像以上に良い宿だったので、今度は違うエリアの休暇村にも宿泊してみたいなぁ( *´艸`)

全国の休暇村一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました