【茨城県利根町】わざわざ遠出したくなるパン屋さん「ONO PAIN」

パン屋

今日はお昼になっても気温が上がらず、体の芯から冷え込むような1日ですね(T_T)

ichikoです。

今日は、利根町のパン屋さん「ONO PAIN」をご紹介します。

利根町のちいさなパン屋さん「ONO PAIN」

そもそも、利根町ってどこ?

利根町は、茨城県北相馬郡にある、人口15,000人ほどの小さな町。

利根川を挟んで千葉県と接しています。

利根ニュータウンの開発によって1980年代に人口が急増し、一時は20,000人を超えるほどまでに増加したものの、1990年代後半から減少の一途を辿っていて、2017年には茨城県南地域で唯一の過疎地域に指定されています。

隣接する龍ケ崎市との合併も検討されたそうですが、協議の末、合併は成立しなかったそう。

夫婦で営むパン屋さん「ONO PAIN」

そんな利根町にあるパン屋さん「ONO PAIN」は、ご夫婦で営まれている小さなお店です。

店主がオノさんだから「ONO PAIN」…ではなく、ハワイ語で「美味しい」を意味する「ONO」が店名の由来となっているそうです。

元和菓子屋の空き店舗を改装したというお店の外観が、昭和の雰囲気が残る町並みと調和していて、危うく通り過ぎそうになりました(笑)

お店の横に駐車場が無いので「路駐するしかないかな…?」と思いきや、お店の裏手に広い駐車場があり、助かりました(^^)

3坪ほどの小さな店内。

ショーケースの中に、丁寧に陳列されたパンが並んでいます(๑´ڡ`๑)

小麦は北海道産小麦粉のみを使用、砂糖もきび砂糖を使うなど、安全な食材を選び、余計なものは入れない…というのが、お店のこだわり。

丁寧に書かれた商品説明からも、パンに込められた想いが感じられます☆

どのパンも魅力的で、めちゃくちゃ迷いました。。

散々お待たせしても、にこにこしながら待って下さる優しい店員さんで良かった…(^_^;)

とりあえず、土曜限定の有機レモンピール&紅茶のベーグル@250円と、アーモンド&オニオン@200円を購入♪

ベーグルは、プラス50円でクリームチーズをサンドしてもらいました。

むちむちの生地にたっぷりのクリームチーズを抱いた、何とも魅惑的なビジュアル!

ほんのり温かかったので、我慢できず、車の中で頬張ってしまった(*´∀`*)

見た目どおり、むっちりもっちりとした食感で、自然な甘さのレモンピールとアールグレイの香りが、とっても美味しいベーグルでした☆

夫

何じゃこの旨さは!!ベーグルを食べただけで、かなりレベルが高いパン屋さんだということがわかるね!

ハード系のパンは、味のある木の盆に盛られています♪

ハード系が好きな我が家。

ジブリ映画に出てきそうな素敵なディスプレイに、心を鷲掴みにされました(笑)

量り売りのリュスティックと、冷蔵ケースで販売されていたバゲットサンドを購入(^o^)

美味しいパンをアレンジして、至福のランチタイム♪

帰宅後、早速ランチタイムにいただきました♪

リュスティックは、半分にスライスし、ichiko特製のキノコのガーリックバターソテーをたっぷりと載せて、トースト(^o^)

生ハムのバゲットサンドと、アーモンド&オニオンは、買ってきたものを軽くリベイクして、いただきました。

お皿に盛りつけるだけで、オシャレなカフェランチに早変わり(^o^)

美味しいコーヒーも淹れて、至福のランチタイムとなりました♪

普段はなかなか行く機会がないけど、「ONO PAIN」のためにわざわざ利根町まで足を運びたくなる…そう思えるくらい、優しくて美味しいパンでした☆

「ONO PAIN」の情報

住所  茨城県北相馬郡利根町大字布川2828−5

営業時間 10:00〜18:00(日曜・月曜休み)

電話 0297-86-6233

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました