【奈良市】全国に約1,000社ある春日大社の総本社「春日大社」

国内旅行

iこんにちは。chikoです。

先月から、地元の国際交流協会が主催している日本語ボランティア養成講座に通い始めました。

小学生の頃から国語を学習してきたけど、「国語」と「日本語」では学習の目的や性質が全く異なるなので、「日本語を教えることの難しさ」を実感しています。。

講座の受講者は、60歳前後の方が多いです。

定年退職後に何をやろうか…と逡巡し、ボランティアに行き着いた方が多い模様。

そんな中、30代のichikoはかなり若い部類に入るので、若干浮いています(^_^;)

関西旅行記(2019年9月)その9

興福寺を訪れた後、春日大社を目指します。

興福寺から奈良公園に入るあたりから、鹿の数がグンと増えました。

どこを歩いても鹿、鹿、鹿!

鹿の数だけ鹿のフンも落ちているので、鹿に興奮して下を見ずに歩いていると、大変なことになります(笑)

用水路に列を成す鹿の群れに遭遇!

一口に鹿と言っても、色んなグループがあるので、見ていて飽きません!

鹿の群れに興奮して写真を撮っていたら、鹿の大御所がやって来ました。

鹿せんべいの屋台のおじさん曰く、この鹿は奈良公園の長老だとか。

他の鹿とは比にならないほどの貫禄!

もののけ姫に出てきそうな雰囲気です。

思わず手を合わせてしまいました。

そのまま、春日大社までの参道をてくてく歩きます。

木々が生い茂る参道は日陰が多く、日差しが厳しい真夏でも割と快適に散策できます。

午前の時間帯は人通りも少なくて、神秘的な雰囲気を味わえました。

朝ランしたら気持ち良さそうな道だけど、至る所に鹿が隠れているので、要注意です!(笑)

ニ之鳥居に到着♪

微笑を浮かべた穏やかな表情の鹿が出迎えてくれました(^o^)

神社の近くにいると、心が穏やかになるのかな?!

その後、鹿の手水所で身を清め、鳥居をくぐります。

境内図を確認。

中臣氏(後の藤原氏)の氏神を祀るために創建された春日大社は、平成30年に創建1250年を迎えました。

御本殿の回廊は重要文化財になっています。

朝から多くの参拝者で賑わっています。

観光バスでやって来る外国人観光客も沢山いるので、国際色も豊か。

南門をくぐり、御本殿を参拝。

沢山の参拝者でごった返していたので、早々に参拝を終えました(^_^;)

春日の杜散策ルートでは、若宮神社や紀伊神社などを巡るようになっていましたが、あまりの猛暑に心が折れ、断念。。

午後の予定もあったので、春日大社の参拝は、これにて終了としました。

バッグを開けようとしたところを鹿に襲撃されている観光客が沢山いたので、私も真似してみたら、案の定、鹿が近寄ってきました!

鹿と間近に写真を撮りたい時の裏技かも?!

かなり強引にぐいぐい来るので、あまりオススメはできませんが…(^_^;)

帰り際に、鹿が見送ってくれました☆

帰路にも、もちろん鹿の群れ♪

うだるような暑さの中、日陰で涼んでいました。

関東に住んでいると、こんなに沢山の鹿と戯れることができる機会はなかなか無いので、思う存分、鹿との時間を満喫しました♪

9月とは思えない猛暑に身の危険を感じ、帰りはバスで奈良駅へ戻ることに。

バス停でバスを待っていたら、鹿が観光客を見送っていました(笑)

鹿もバスに乗ろうとしてたのかな?!

何とも微笑ましい一コマでした( *´艸`)

そんなこんなで、再びJR奈良駅へ戻ってきました。

1泊したものの、奈良での滞在時間は12時間以下!
東大寺や春日大社は過去に何度か訪れたことがあったけど、それ以外にも、魅力的な社寺仏閣や老舗飲食店があり、時間が到底足りませんでした!

京都と比べて人が少なく、のんびりと街歩きを楽しめる奈良。京都のような派手さがないので、修学旅行で来た時は物足りないと感じましたが、大人になって改めて訪れてみると、じんわりと癒やされる良い街だな…と感じました。

いつか2泊くらいして、ゆっくりと街歩きをしてみたいなぁ(‘ω’)

木をふんだんに使用した、温もりのある雰囲気のJR奈良駅構内。こちらも、もう少し時間があったらゆっくり散策したかったなぁ。

さて。JR奈良駅から電車に乗り、次なる目的地の京都・宇治市を目指します☆

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました